スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

Here is page navigation title and subtitle space!

ここから本文です。

第237回 障害者地域生活支援研究会のお誘い

第237回 障害者地域生活支援研究会のお誘い

 

「北九州市における障害者差別の解消に向けた取り組み」について

 

“障害を理由とする差別をなくし誰もが共に生きる北九州市づくりに関する条例(通称「障害者差別解消条例」)”が平成29年12月20日に施行(一部は平成30年4月1日施行)されました。

 今回は、条例の概要や今後の取り組みなどについて、保健福祉局障害福祉企画課より説明します。

また、北九州市障害福祉団体連絡協議会(障団連)においては、条例の制定に向けてプロジェクトチームを編成するなど、自主的な検討を重ねてこられました。そこで、同協議会からは、条例に対する期待や今後の展望などについてお話しいただきます。

皆様のご参加をお待ちしております。どうぞ宜しくお願いします。 

 

【発言者】秦 勝彦 氏(北九州市保健福祉局障害福祉部障害福祉企画課 差別解消法担当係長)

 林 芳江 氏(北九州市障害福祉団体連絡協議会 副会長)  

【進 行】西坂 七恵 (北九州市障害者基幹相談支援センター  副センター長 ) 

 

日    時 : 平成30年3月15日(木) 18:30~20:30 

会    場 : 総合保健福祉センター(アシスト21) 2階講堂

  (小倉北区馬借1-7-1) 

参 加 費 : 無 料

◎障害のある人で、情報保障 (手話、要約筆記等)が必要な場合は事前にお知らせください。 

◎事前に参加申し込みは必要ありません。 

◎駐車場は夜間・休日急患センター利用者用の駐車場になっている為、近隣駐車場のご利用を

お願いいたします。

ここまで本文です。

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

※ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

ここまでサブコンテンツです。

最終更新日時